スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金太郎の一周忌

4月1日・・・金ちゃんとのお別れから1年が経ちました。

2014金ちゃん01

今年も、桜が満開に咲きました。

我が家にとって太陽の様な存在だった金ちゃんだから
真っ青な青空の1日でした。

1年前の2013年3月30日、病院に行く時に桜の前で写真を撮った。
桜が満開だから写真撮ろうかぁ~っと。
でも、2人の心の中はもうこの桜の木の下で金ちゃんと一緒に写真を
撮る事は叶わないと思ったから。。。

2014金ちゃん03
金ちゃん♪桜綺麗だね♪

これが、金ちゃんと最後に撮った家族写真。
2人とも涙を堪えて必死に笑おうとしてたなぁ~。

今年も金ちゃんと一緒に同じ場所で撮って来ました。

2014金ちゃん02
今年も桜が満開だよ♪
(小次郎と銀次郎はお留守番。金ちゃんだけ移動用の写真で)

その後は少し足を伸ばして鷺山まで歩いてお花見に行きました。

2014金ちゃん04


2014金ちゃん05
ここでも、写真撮ったよ~♪

1年・・・長かったような、あっという間だったような。
でも、あまりに大きな存在だったので居ない現実が今でも変な感じ。
金ちゃんその辺で、ブフ~ッって鼾かきながら寝てるんじゃないかなぁって
いつも思うもん。

金ちゃん。虹の橋で何してますか?
まぁ~聞かなくても、きっとおやつ食べ放題にフィーバーしてるやろうな。
おかぁちゃんは、想像がつきます。
いや・・・他の人達も金ちゃんは虹の橋でも食いしん坊さんなんだろうな~って
思ってると思うわぁ~。
あまり、おやつ食べてばかりいると天使の羽で上手に飛べなくなるから
気をつける様にね~。
食べ過ぎて低空飛行の金ちゃん天使を想像すると、ちょっぴり笑えます。
でも、そんなキャラが金ちゃん♪って感じだから。

2014金ちゃん06

虹の橋も桜は満開ですか??
満開の桜の下で、お尻フリフリしながらご機嫌に「おやつッ♪おやつッ♪」って
歩いてる金ちゃんが目に浮かびます。

また、いつの日か夢の中に会いに来てね。
スポンサーサイト

- 4 Comments

有加→mihoさん  

★mihoさん★

ねぇ~。ホント4月1日に旅立つとは・・・
エイプリルフールかよぉ~。やっぱ金ちゃんだな~っと
飼い主も思ったもん。
やっぱり、金ちゃんは持ってる男だったんだなぁ~

見えないけど家の何処かでブフ~って
潰れたお顔でお昼寝してそう♪

桜、とっても綺麗でしたぁ~ヾ(●⌒∇⌒●)ノ
虹の橋は、お花見団子がいっぱいかも~♪

2014/04/05 (Sat) 00:05 | EDIT | REPLY |   

有加→ぴろぴろさん  

★ぴろぴろさん★

会いたいねぇ~。お化けでもいいから会いたいッ♪

1年経っちゃいましたぁ~。
どうしても闘病中や最期の時を思い出したりしがちだけど
一緒に楽しい時間を過ごした時の思い出がた~~っくさん
あるから笑顔になれます♪

そうだよねぇ~。皆こちらで幸せな時間を過ごしたから
向こうでも楽しく過ごしてるよね♪

亜生くん、生きてたら15歳♪
なかなか貫禄のある爺様になってたかもよ~~ ̄m ̄

きっと金ちゃん、亜生くんの事見つけてると思うよ~
金ちゃん賢い子やで♪(まだ親バカな私)笑

桜って本当不思議だよねぇ~。
満開になってスグ散っちゃう儚い花だけど・・・
1年後にはまた同じ様に綺麗に咲いてくれる。
また会えたね♪って思うもん。やっぱり桜はいいわぁ~。

2014/04/04 (Fri) 23:57 | EDIT | REPLY |   

miho  

4月1日に虹の橋にいってしまうなんて金ちゃんはやっぱりすごいなぁって思ったことを思い出します。
なんだかとても昔のことのような、つい最近のことのような、不思議な感じです。
桜、とってもきれいですね。

2014/04/03 (Thu) 00:24 | EDIT | REPLY |   

ぴろぴろ  

会いたい!会いたい!!

金ちゃんもう一年経っちゃったんだね。
こっちの世界に居た時に目いっぱい良い思い出が作れたから
きっとアッチの世界でも楽しくやってくれてると…
私も亜生に対してそう思ってしまいます。
今日は亜生が生きていれば15歳のお誕生日です。
どんなじっちゃまになっていたのか、見てみたかったわぁ。

金ちゃん、亜生のこと見つけて仲良くしてくれてるかなぁ(笑)

桜の季節は切なくて、どこか悲しいけど…やっぱり好きです。

2014/04/02 (Wed) 18:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。